品質方針

  • 常に顧客満足を考え、顧客に高い評価の得られる『ろう付・熱処理加工技術』を創造・開発していく。
  • 製品要求事項・品質マネジメント要求事項・顧客要求事項及び規制・法令の要求事項を満足することは、
    永続的に顧客の高い評価を得るために極めて重要である。
    このことを全員が認識し、これらの遵守の徹底を図る。
  • 将来に向かって、より高いレベルの顧客満足を得るために『品質マネジメントシステムの有効性』の継続的な改善に取り組む。

2010年4月1日
東京ブレイズ株式会社
代表取締役社長 松 康太郎

1.適用規格
JIS Q 9001:2008(ISO 9001:2008) 認証取得
2.登録の範囲
ろう付および熱処理加工
適用除外:7.3 設計・開発
3.登録事業所名及び所在地
東京本社:東京都世田谷区南烏山3-23-10
埼玉工場:埼玉県志木市上宗岡4-12-34
4.有効期限
2014年3月10日
登録日 2002年3月11日 登録番号 LIACA-095

環境方針

基本方針

東京ブレイズ株式会社(以下「当社」という)は、「お客様第一主義」を基本方針とする。言い換えれば「お客様の繁栄なくして我が社の発展なし」という信念のもとに、長年蓄積してきた豊富なノウハウと専門技術を生かし、顧客満足が得られる高品質なろう付・熱処理技術(受託加工および設備製造)を提供していく。
また、環境の保全を重要な経営課題の一つとして見据え、地域の住民、取引先および従業員の健康・安全を重視し、環境への影響を考慮した企業活動を推進していく。

環境方針

[1]環境に与える影響の削減と汚染の予防
1.環境に配慮したろう付・熱処理技術の適用と加工工程の構築、およびろう付・熱処理設備の製造をめざす。
2.品質向上、工程不良削減、歩留まり向上のために、省資源、省エネルギー化、グリーン調達に取り組む。
3.継続的に廃棄物、廃液、廃水等の環境汚染物質による汚染防止を推進する。
[2]法律・法規の順守
1.環境に関する法律や規制、及び同意するその他の要求事項を順守する。
[3]環境マネジメントシステムと継続的改善
1.環境目的・環境目標を設定・運用し、定期的にレビューを実施して、環境保全活動並びにシステムの継続的改善に努める。
2.従業員および組織のために働くすべての者に対し、環境方針、活動の内容等を理解し改善活動を推進するために必要な教育を実施し、周知徹底を図る。
[4]当工場の環境方針はインターネットホームページにて公開する。

2010年4月1日
東京ブレイズ株式会社
代表取締役社長 松 康太郎

1.適用規格
JIS Q 14001:2004(ISO 14001:2004)認証取得
2.登録の範囲
ろう付および熱処理加工並びにろう付・熱処理加工設備の製作に関する事業活動
3.登録事業所名及び所在地
ブレージングセンター:〒353-0001 埼玉県志木市上宗岡4-12-34
設備製造工場:〒353-0001 埼玉県志木市上宗岡5-19-27
4.有効期限
2014年2月26日
登録日 2008年2月27日
登録番号 LIACA-E057